(金融機関・企業内代理店様限定!)ASシステムの導入効果と活用事例

ASシステムでのみ利用可能な「証券分析機能」と「ご提案プラン」について、実際ASシステムをご活用いただいている企業内代理店様からのお声を紹介します。

<証券分析>

A社様の例【セミナーによる集客】

背景:一斉募集の加入件数の逓減傾向を受けて【証券診断】セミナーを3回実施。

方法:人事労務からの”全国一律サービス”を前提に、各拠点で同じ内容のセミナーを開催
※基本はランチ時に10~15名程度の少人数 ※当初は本部→2回目以降は現地社員が実施

結果:1回目約120証券、2回目約250証券、3回目約450証券としり上がりに回収できた。
また、HP(イントラネット)からの申込みも日に2,3件あり。

成果:上記により、拠点によって差があるが約50%の成約となった。

~上記による社内の変化~

◎職域からA社がこんなことができるんだ!という声が強くなり、口コミで相談が広がっている。
◎当初本部主催のものであったが、現場からこのサービスを永続したいとの声が高くなり、現場からの勉強会の要請等も多数出て、社内が変化し始めた。


B社の例【証券分析サービスを従業員の自宅に案内】

背景:同社では工場も含め男性比率が髙く、社内でチラシ・案内を送ってもほとんどがゴミ箱行きとなっていた。そこで生保、第三分野の特性を鑑み、ターゲット、地区をセグメントして契約者住所に案内を送付。

方法:損保満期から契約者住所等を抽出し、一定の地区・マーケットで、時期を一斉募集前に定め、試験的に実行し、反応を調査。

結果:想定を超える反応があり、当初100件程度を目論んでいたが、400件を超える成果になった。

成果:チラシの内容、伝達手段・相手等により、大きな反響があることを実感。一方である程度成果件数予想を考えないと、事務処理・成約率に響くことも経験した。

~上記による社内の変化~

◎TRY&ERRORを考え、試験的対応を行うことの重要性を学んだ。
◎証券分析サービすを希望する対象者や、アプローチフローによりまだ大きなマーケットがあると判断できた。


C社の例【損保専任社員との連携】

背景:損保がメインの同社は、損保社員へのクロスセル=生保発展のポイントと定め生損保併売を考えたが、なかなか成果が上がらなかった。そこで社内分業制を【トスアップ】方式を考えた。

方法:損保担当者は、損保顧客クロージング時に、【証券分析サービス】を試さないか?との声掛けを行い、【トスアップ】だけに専念。生保担当者はその【トスアップ】顧客をコンサル、クロージングする分業制を実施。
損保満期対象者の10%という目標を与えている。)

結果:少しずつ【トスアップ】率が上がり、現在は平均申込率8%となり、生保新規案件の70%を占めるまでになった。ただ、拠点・個人差が激しく、この点の強化がキーポイント。

成果:【トスアップ】数値はまだ物足りないが、生保担当者のスキルが上がり、成約率は70%近く、成約単価も大幅上昇

~上記による社内の変化~

◎損保担当者が、生保に取り組む意欲が出てきた。
◎生保専任者スキルが上がっているため、誘導さえできれば、社内の数値はクリアーできるとの判断にまで至るようになった。

<提案>

A社の例【制度商品(団体Bグループ、団体医療)を含めた提案】

背景:人事労務から、依然より団体Bグループの加入率が下がっており、協力してほしいとの要請を受けていた。そこで、【証券分析サービス】後のプランとして、団体Bグループ、団体医療保険のセット販売提案を実施。

方法:証券診断サービスを行った顧客に、【処方箋】提案として、団体Bグループ、団体医療保険、終身型医療、がん保険の合算提案をシステムで作成することを基本フローとして実施。

結果:終身型医療、がん保険では60%を超える成約率になるとともに、団体Bグループ、団体医療も同様に大きな加入率UPを実現できた。

成果:上記により、人事労務から感謝され、【証券分析サービス】のグループ会社推進等協力いただけるなど、本体とはより良好な関係になった。

~上記による社内の変化~

◎職域からA社がこんなことができるんだ!という声が強くなり、口コミで相談が広がっている。
◎社内でBESTプランイメージが浸透し、提案プロセスの一環として徹底できるようになった。


B社の例【終身型医療保険の比較提案】

背景:いままで推奨1社(一斉募集商品)に限定して提案していたが、なかなか加入率が上がらず苦労していた。そこで推奨型から、随時募集は比較提案型に変更。

方法:随時募集で、医療保険要望があった場合には、必ず複数会社の比較表をシステムで作成することを実行。

結果:通常の随時募集より、成約率で約3倍の実績となった。

成果:成約率以外でも、口コミで相談がくるようになり、相談件数も増えた。

~上記による社内の変化~

◎職域からB社がこんなことができるんだ!という声が強くなり、口コミで相談が広がっている。
◎比較推奨の原型ができ、社内担当者の意識変化と商品教育に関するマインドが上がった。


C社の例【提案におけるメール活用】

背景:同社では、基本的に紙ベースと、電話による相談をベースに行っていたが、パンフ・書類などの郵送や、電話だけでは説明しにくい商品内容等で苦労していた。

方法:システムで打ち出した(個人情報なし)資料・提案書はPDFで作成されるので、これをメールで送信し、メールでご回答するなど、メールでのコミュニケーションを増やしていった。

結果:まずスピードが格段に上がり、顧客も落ち着いて検討できるようになった。さらに社内でも、時間拘束されず自らのペースで仕事ができるようになった。

成果:パンフ、書類郵送などの時間的手間や、打ち出しペーパー等のコスト削減が大きく進展。さらには家族契約等の相談にもつながっている。

~上記による社内の変化~

◎メールの活用で、確認フローや、自らのペースで対応できる点で、業務効率・コンプライアンスの面で成果が見られた。
◎メールという手段が、家族契約等の相談を用意にさせるとの意識付けが広まった。

ASシステム導入によるメリット

POINT1 生保営業の《スキルの標準化》

集客からクロージングまで、ASシステムによる業務プロセスをこなすことで、誰にでも、同質のコンサルティング・スキルが身に付きます。

POINT2 作業時間を確保《業務の効率化》

多数の商品テーブルが用意されている専用システムで既契約の分析が簡単!

顧客ニーズに沿ったプランも、最新データから一括で検索できます。

POINT3 一顧客からの《ライフタイムバリューの最大化》

必要保障額の推移から、世帯全体のライフプランを見据えたコンサルティングが可能。

また、客観的な商品比較により、成約率アップも期待できます。

POINT4 お客さまの関心・反響を得る《プル型営業のしくみ化》を確立

「保険の勧誘」とは一線を画す「生命保険分析サービス」の提供により、顧客自身が保険見直しの必要性を認識し、相談に訪れるしくみが作れます。

上記メリットを活かし、ASシステムによる証券分析生命保険分析サービスを行うことができます。

生命保険は、約90%近くの方がご加入されている一方で、以下のような特徴があります。

①保障期間が長く、さらに更新等がある可能性がある。
②死亡保障、医療保障とも特約が煩雑でわかりにくい。
③更新等があり、今後の払込保険料が変更になる可能性がある。
④医療保障に関しては、内容によっては、一括前納(or年払継続)がある。
⑤複数加入しているケースがあり、全体感がわかりにくい。

          ▼▼▼

◎加入している保障内容をビジュアル化し、現在の保障内容を解説します。
◎今後の保険料の支払推移を予想します。
◎複数加入しているケースでも、保障ごとに合算表記します。


 

お見積りはこちらから

すべての保険代理店のみなさま(AS-BOXについて)