改正保険業法対応について

顧客意向の把握を行うために必要な機能を組み込んだ、AS-BOX「業法改正対応パッケージプラン」

_r2_c2改正保険業法で整備が求められている、意向把握(お客様のご要望・ニーズの把握)から提案履歴管理(契約までに提案した保険商品等の履歴管理)までを一気通貫で行える「業法改正対応パッケージプラン」を新設しました。従来のプランに加え、新設プランもユーザー様のご要望に沿ってご選択いただけます。

顧客意向を確認するための機能 意向把握機能・提案履歴管理機能

新設機能によるお客様のメリット

新設された意向(要望・ニーズ)把握の機能により、お客様は保険商品に対するご意向を販売担当者と一緒に、都度画面上や帳票上で確認することにより、お客様のご意向の変化や当初意向と最終意向をわかりやすく説明を受けることができ、安心して保険加入の検討ができます。例えば「学資保険の相談のつもりが終身保険に加入させられた」など、お客様と販売担当者間の認識のずれをなくしたり、誤認防止の一端を担うことができます。ご来店時・ご契約前のご意向を記録し、保険商品の特性と照らし合わせることにより、加入商品への納得が得られ、その後の長きに渡る保険期間の間も安心して加入商品を継続する事ができます。

新設機能によるユーザー様のメリット

従来の保険商品の検索・比較、申込書機能に加え、お客様のご来店時の意向把握、お客様へ提案した保険商品の履歴を管理し確認・検証するまでの販売プロセスが、1つのシステム内で一気貫通で行うことができるため、保険販売や営業管理におけるコストや事務負担を軽減できます。

 

(参考)平成27年7月3日に金融モニタリングレポートが公表されました。

金融モニタリングレポート(本文) 第Ⅱ章 4.保険会社(3)生命保険乗合代理店における保険募集管理態勢イ.モニタリング結果に次のように記されています。

(オ)改正保険業法への対応

保険クリニック改正保険業法への乗合代理店の対応状況に関し、①顧客意向の把握・確認義務の履行確保のための態勢整備、②適切な比較推奨販売の実施に向けた取組、③内部監査等の態勢整備について検証した。

多くの代理店では、保険募集の各プロセスにおける帳票等がほとんど保存されていなかったが、一部では、改正保険業法の施行に向けて試行的に募集経緯の記録・保存を開始している先が認められた。

代理店の中には、顧客の意向を確認するために Q&A 方式のフロー図を作成したり、顧客意向に適合する商品を検索するシステムを整備するなど、適切な比較推奨販売の実施を図る取組がみられたが、こうした募集人に対するサポートツールを整備していない先も認められた。

内部監査等については、実施方法にバラツキはあるものの、いずれの先も、募集規制の遵守状況を確認する態勢整備を図っていた。


引用:金融庁 金融モニタリングレポートの公表について URL http://www.fsa.go.jp/news/27/20150703-2.html
金融モニタリングレポート(本文) 第Ⅱ章 4.保険会社(3)生命保険乗合代理店における保険募集管理態勢イ.モニタリング結果(オ) 改正保険業法への対応 (p.56)

 

AS-BOX「業法改正対応パッケージプラン」について